※現在、システム不具合により一部の画像が表示されない状態となっております
高知県
明神水産のある黒潮町では「掛けの魚(かけのいお)」と呼ばれる物があります。
1年間の漁に感謝して、神様にお供えします!
また、正月飾りとして玄関先や社内にも吊るします♪
鰹のエラと内臓を取り除き、たっぷりの塩に漬け込みます。
漬け込んだあと塩抜きをし、その鰹をひもで吊るします。
しばらく乾かすと「かけのいお」の完成です!
これを焼いて食べると最高なんですよ(^^)
塩辛さはありますが、ご飯が何倍でもすすんでしまいます。
町外ではなかなか目にする機会がない、珍しい物ですね!
明神水産の会社内にも吊るして飾っています。
シェアする