芸能人・エンタメ

クレルモン=フェランの街の中心に異様な雰囲気の大聖堂が聳えています。黒すぎるのです。中世の時代、街は「黒い街」とも呼ばれていたそうです。大聖堂が黒い理由は、すべて溶岩でできているからです。シェヌ・デ・ピュイ火山群で切り出された溶岩は丈夫で、大建築に向いていたのです。

シェアする