バラエティ

窪田正孝、小学生まで「血みどろだった」? 兄弟エピソード明かす 映画「犬猿」初日舞台あいさつ2

 俳優の窪田正孝さんが2月10日、東京都内で行われた映画「犬猿」(吉田恵輔監督)の初日舞台あいさつに登場。兄が2人いるという窪田さんは「基本は小学生まで血みどろでしたけど」と切り出すと、「虫を捕りにいったときにいい話があって、手にゲジゲジみたいなのがついて、自分で取れなくて泣いていたんですけど、アニキが家からティッシュを持って戻ってきてくれて、取ってくれたんですよ。血みどろの記憶しかなかったんですけど、ふと思い出しました」と話した。

 舞台あいさつには新井浩文さん、筧美和子さん、お笑いコンビ「ニッチェ」の江上敬子さんも登場。姉と弟のいる筧さんは「お姉ちゃんとは『一番の支え』ってくらい仲が良くて、この間も一緒に寝ました」とにっこり。江上さんは「私はそっくりな弟がいまして。帰ったら『ニッチェ、江上、弟』で検索してくれれば。それを見てください」とアピールし、新井さんは「うちの妹はどヤンキー」と明かし、会場の笑いを誘っていた。

 「犬猿」は、「ヒメアノ~ル」や「麦子さんと」などを手がけた吉田監督のオリジナル作。印刷会社に勤める真面目な弟(窪田さん)と、弟とは対照的に乱暴者でトラブルメーカーの兄(新井さん)。見た目は悪いけれど頭がよく勤勉で、家業の印刷所をテキパキ切り盛りする姉(江上さん)と、要領は悪いがその容姿と人当たりの良さで人気者の妹(筧さん)。2組の兄弟・姉妹の関係にあるとき変化が訪れ、相性最悪なダブル“犬猿”ペアの抗争が次第にエスカレートしていく……という内容。
シェアする