Sponsored

きっかけは“名前が同じだったから”ではない!? LIONが『3月のライオン』を本気で応援したらこうなった

映画『3月のライオン』の公開(【前編】絶賛上映中 【後編】4月22日より全国公開)を記念して、歯とお口のケア製品やハンドソープなどで知られる「LION」が応援ムービーを制作しました。もうご覧になりましたか?

 

■あの名場面をめぐる! 将棋の駒をつかった壮大なからくり装置

春の日差しがまぶしい家の窓辺。

映画後編の主題歌である藤原さくらさんがカバーしたスピッツの名曲『春の歌』の流れるなか、映画にも出演した川本家の猫「ミケちゃん」から、からくり装置の展開はスタート。

『3月のライオン』が将棋の世界を中心に描いた作品であることにちなみ、たくさんの将棋の駒が使われています。


主人公・桐山零のイラストが描かれた将棋の駒 ©羽海野チカ/白泉社

動画のなかでは、漫画の名場面が次々に登場。主人公の桐山零が、プロの世界での厳しい対局や周りの人々とのつながりを通して少しずつ成長していくストーリーをなぞるように、からくり装置は展開していきます。

よく見ると「キレイキレイ」や「バファリン」などLION製品が随所に使われています。芸が細かい……!


「キレイキレイ」などのLION製品が映像の随所に登場しているのにも注目 ©羽海野チカ/白泉社

■映画ロケ地の「川本家」で、作品に登場する美術や料理も完全再現

装置の舞台は、映画『3月のライオン』にも登場した「川本家」のロケ地。美術品や作品に登場する料理もそのまま再現して撮影しています。徹底してる……。


川本家のかわいいおせちも忠実に再現

原作者の羽海野チカ先生も「何度見ても、嬉しくて、生まれたばかりの友達の赤ちゃんを見たみたいな顔になってしまいます…」とTwitterで絶賛するほどの出来栄えです。


モモちゃんも大喜び? アヒルの錦玉羹

■LION社員と作品ファンが集まって一緒に作り上げた大作

実はこのコラボ、「たまたま名前がライオンだったから」実現したというわけではないんです。

『3月のライオン』のファンだというLION社員の声や、作中の登場人物たちが毎日を真摯に生きる姿に「今日を愛する。」という同社の企業スローガンと近いものを感じていたということなど、さまざまな接点が結びつき、映画公開のタイミングでコラボプロジェクトとしてかたちになりました。


ラストシーンでは巨大ドミノに挑戦! ©羽海野チカ/白泉社

制作にあたり社内で参加を募ったところ応募多数だったため「選抜」を行ったというエピソードも。

参加しているエキストラの皆さんも2600件以上もの応募の中から選ばれた筋金入りの作品ファン。総制作時間は462時間──多くの人々の思いがこもった、本気の応援ムービーなんです。


撮影終了をみんなでお祝い。おつかれさまでした!

公式サイトでは、動画のメイキング紹介や 『3月のライオン』に登場する「愛情いっぱいのご飯」の写真を集めた「ふくふくごはんコンテスト」、そして原作のイラストが楽しい「ひとコマおみくじ」などのコンテンツも充実。

『3月のライオン』の作品ファンはもちろん、作品のことを初めて知ったという方も、ぜひこの応援ムービーをのぞいてみてはいかがでしょうか。

 

LION×3月のライオン 今日を愛する。コラボプロジェクト
http://3lion-lion.com/

提供:ライオン株式会社
掲載期間:2017年4月25日~【PR】

シェアする