※現在、システム不具合により一部の画像が表示されない状態となっております
ビジネス
【動画】歴代「GT-R」のエピソードをご紹介するシリーズ。
 
第4回は、8代目スカイラインから生まれた #スカイライン GT-R (3代目 BNR32型)「モータースポーツ編」です!
 
BNR32型スカイラインGT-Rがデビューした1989年、このクルマを取材しに来日したオーストラリアの自動車雑誌「Wheels」は、異次元ともいえる常識破りな速さと、畏怖さえ感じさせる、得体のしれない独特の存在感に、これを「Godzilla」の見出しで誌面にしました。
 
これ以来、Godzillaの愛称とともに、徐々に海外でも有名になっていきます。

日本でのサーキットデビューは1990年シーズンの全日本ツーリングカー選手権(JTC)。
初戦、星野一義のカルソニックスカイラインと長谷見昌弘の駆るリーボックスカイラインの1-2フィニッシュから始まったGT-Rの快進撃はその後、グループA規定によるJTCの終了まで4シーズンも続き、全29戦すべてでGT-Rが勝利を飾るという驚異の戦績で、新たな「スカイライン伝説」を打ち立てました。

海外のレースでも、1990年のマカオGP総合優勝、1991年オーストラリア・バサースト1000総合優勝、 ベルギー・スパ24 時間総合優勝などの戦績をあげ、特に、世界三大24時間レースにして、ツーリングカーにとっての世界最高峰と称されるスパ24時間では、2位のポルシェ911を21周も引き離し、最高周回数記録まで更新してしまう完璧な勝利で、世界のモータースポーツファンを瞠目させました。

現在のNISSAN GT-Rのグローバルなあり方への第一歩は、ここから始まりました。
 
▼カルソニックスカイラインGT-R No. 12
http://nissan-heritage-collection.com/DETAIL/index.php?id=249

▼STPタイサンスカイラインGT-R No. 2
http://nissan-heritage-collection.com/DETAIL/index.php?id=389

▼ZEXELスカイラインGT-R 1991年スパ24時間 総合優勝車仕様 No. 25
http://nissan-heritage-collection.com/DETAIL/index.php?id=327
#Nissan_HC
#NissanGTR #GTR
#にっちゃん情報局
シェアする