ビジネス
【コンマ数ミリのこだわり】
CX-8のリフトゲートのラインは極限まで隙間を少なくしています。
クルマを使用する以上、熱や振動、歪みといった要素をゼロにすることはできません。そうした要因によってパーツ同士がぶつからないよう、あらかじめ設定しておく隙間のことを「機能隙」と呼びます。また、生産時には精度を一定に保つために「公差」と呼ぶわずかな誤差を設定します。
どちらも必要なものではあるのですが、マツダでは今、これを「コンマ数ミリずつでも減らしていこう」と取り組んでいます。
それは「隙間が無い方が美しい」、そして「美しいものをお客様にお届けしたい」という想いから。生産・開発・デザインが一体となり、知恵と技術と工夫を融合させながら、一歩一歩進化を遂げられるよう努力しています。

■CX-8 オフィシャルサイトはコチラ
http://mzd.bz/20180226_cx8
シェアする