※現在、システム不具合により一部の画像が表示されない状態となっております
香川県
建国記念の日を祝う香川県民の集いの開催に当たり、一言お祝いを申し上げます。御承知のように建国記念の日は、国民一人一人が建国の昔をしのび、国を愛する心をはぐくみ、国の発展を願う、誠に意義深い国民の祝日であります。本日ここに、皆さまと一緒に「香川県民の集い」を開催できますこと、心から嬉しく思います。

そして本年は、天皇陛下御在位三十年、さらには天皇陛下の御退位及び皇太子殿下の御即位という歴史的にも大きな節目の年でもあります。先人の御労苦に対し深甚なる敬意を表しますとともに、この尊い平和と繁栄を更に発展させ、次の世代の方々が安心して暮らせる環境を創っていくことが私たちに課せられた重大な責務であると考えております。

私自身、この重要な節目を国務大臣として迎えることに大きなやりがいを感じると同時に、重責に身の引き締まる思いです。私の担当分野は、IT、科学技術、クールジャパン、知財、宇宙政策など広範に渡りますが、一言でいえば、ITや科学技術によって次の時代をより明るく便利で豊かで誇れるものにするための戦略をつくる「デジタル化推進大臣」です。伝統を守りながら、同時に、変化をおそれず、困難な課題に対しても果敢に挑み、それを乗り越えるためにデジタル化による革新技術を社会に実装し、その恩恵を全ての国民が享受できるようにすることを目指しています。

「建国記念の日」を迎えるに当たり、私も安倍内閣の一員として、また、地元の皆さんと共に新しい時代を切り拓くため全力で職責を全うすることを誓います。今日この日が、さらなる日本の繁栄を希求する機会となることを切に希望して挨拶とさせていただきます。

平成31年2月11日
国務大臣
衆議院議員 平井卓也 @ サンポートホール高松
シェアする