沖縄県
【赤血球の違い】

 当園で飼育しているほとんどの動物は、健康管理のため定期的に血液検査をしています。検査には、スライドガラスに血液を薄く延ばして染色し、血球を観察する項目があります。今回は、なかなか見る事が出来ないイルカとマナティー、ウミガメの血球を紹介します。
 それぞれの写真に写っているのはほとんどが赤血球です。イルカとマナティーは大きさ・形が似ていますが、ウミガメは赤血球が大きく、真ん中に色が濃い部分があります。イルカとマナティーは「哺乳類」、ウミガメは「は虫類」です。は虫類の赤血球は真ん中に「核」がある「有核赤血球」であるのに対し、哺乳類は赤血球に「核」がありません。赤血球に核を持たないのは哺乳類だけです。3種類とも、肺呼吸をする動物ですが、こんなところに違いがあったんですね。

#海洋博公園 #イルカ #ウミガメ #マナティー #健康管理 #血液検査 
シェアする