静岡県
【川崎戦プレビュー】
~序盤での失点を食い止め、アウェイでの強さを見せる~
#spulse

前節大宮戦は、序盤から苦しい立ち上がりになった。6分、大前元紀のサイドチェンジに、渡部大輔がクロスを上げる。中央では江坂任への対応が遅れ、ヘディングを押し込まれていきなりの失点。難しい展開になり、攻撃でも歯車が噛み合わない時間が続いた。しかし、後半に入ると、反撃への構えを見せる。

まずはチアゴ・アウベスが見せた。交代直後の直接FK、これはGKがセーブしたが、得点への期待は高まった。ミッチェル デューク、枝村匠馬と次々とカードを切ると、87分右からアウベスのクロスに、白崎凌兵が飛び込んで同点ゴール。さらに、後半アディショナルタイムには、デュークのヘディングをGKが弾いたところを松原后が押し込むも、惜しくもサイドネット。勝ち点1を分け合うことになってしまった...

全文は公式ウェブサイトをご覧ください。
http://www.s-pulse.co.jp/news/training_detail/36322/
シェアする